スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
知らナイト☆ vol.3 決定!!
『社会のこと知らナイト☆』 

日時 8月19日 土曜日
OPEN 18:00  STRAT 18:30

ゲスト  国会ロビィスト 関組長

なぜか遠い存在に感じてしまう『国会』。
でも、税金の使い道を決めていたり、
この国の進む方向(?)を決めてたりする、
本当は一番身近に感じないといけないのでは??

関組長は、『ロビィスト』という活動をされています。

「組長」と言っても、小指のないヤバーイ世界ではゆめゆめありません。
れっきとして超マジメな《納税者ネットワーク》の主宰者ですが、
あんまりマジメすぎるとおもしろくないので、
ジョークで「組長」と名乗る、とても愉快なお兄さんです。
            (若松のオカンの文章より)

普段、NHKの中継やニュースでしか見ることのない
国会の中で議員さんたちに、直接手紙を渡したり、
おかしいと思ったことを質問したり、
時には、つれしょんしたりしたりしてはります。

若松の時に、お話しを聞いたのですが、
くだけたお話しのしかたで(ちょっと桂小枝に似ている!と
私は思いました)分かりやすく、おもしろく
語って下さいます。

行けなかった!とか行きたかった!とかの方、
今まで全く興味を持ったことのない方、(私も)
そんな方々にお話しを聞いてほしいです。

国会ってどんなとことか、議員の実態(?)とか
知ることができます。

皆さんのご参加、お待ちしてます♪
カテゴリ:レポート | 23:23 | comments(0) | -
インドネシアチャリティライブイベント会計報告!
7月1日(土)に開催した
『社会のこと知らナイト☆』番外編
ジャワ島中部地震チャリティーライブ!
のひとまず会計報告です♪
参加してくださったみなさま、本当にありがとうございましたm(_ _)m♪

参加者数:57名

【収入】
参加費         85,500円(1,500円×57名)
寄付          15,600円
本代           2,000円(売り上げの一部、マルコさんより)
食事代         15,000円
フェアトレード売り上げ  6,100円
--------------------------------
合計          124,200円

【支出】
会場費         32,000円(パンゲア)
謝礼          10,000円(PA)
交通費          9,000円(出演者)
食事材料費        8,793円
フェアトレード振込    4,330円(売上×70%+振込手数料)
フェアトレード郵送費   1,000円
雑費           1,000円(印刷・紙代)
--------------------------------
合計          66,123円

寄付金額(収入-支出) 58,077

寄付先はこちら…
(特活)OurPlanet-TV
(社団)シャンティ国際ボランティア会

報告は、随時アップしていきます☆
※寄付に関しての続編もm(_ _)m
カテゴリ:レポート | 23:44 | comments(0) | -
vol.2のレポート デンキ
遅くなって本当にすみません。。
ゲストのHさん、Tさん参加者の皆さん、ご協力くださった皆さんありがとうございました!!

実はイベント当日資料をなくしてしまい、あせっておりました。。。
幸い細かくまとめてくださっているので、特に印象にのこったことだけを書かせていただきます。

今回のテーマは“路上で生活されている方”ということで路上でビッグイシューという雑誌を売っているHさんと、ビッグイシュースタッフのTさんが来てくださいました。
Hさん自身の経験、仕事をするということ、ビッグイシューの活動などについて話していただきました。


参加者は多方面から集まってくださいました!子ども服の販売をしている方、路上生活者の方によく声をかけられ友達になっているという方、宝塚からこられた方、B型で体重は秘密という方、アロマに花、設計など仕事や背景はさまざま・・。

Hさんの話

Hさんは2年以上路上でビッグイシューを売っている。
以前に図書館で働いていたこともあり、本は好き。ビッグイシューを自分でも毎号読んでいる。ダビンチコードの記事がおすすめ!
買ってくれた人の顔は覚えている。勝手に休むと馴染みのお客さんに怒られたりもするが、お客さんの一言には励まされるという。

世話好きで新人の販売員にアドバイスすることも多い。
どんな仕事でも波がある。たとえ売れなくても波が来るまで辛抱することが大事。この時間まで売ると決めたら守る、と仕事への意気込みを語る。

夢はビッグイシューが行列ができる雑誌になること!
ビッグイシューは大阪で始まっていることに値打ちがある。大阪を盛り上げたい!
この仕事をやっててよかったのは、働く楽しみと人とのつながりを得れることと話していた。

ビッグイシューの話

Q,医療面はどうなっているか?
A,月に一度NGO国境なき医師団が無料で診察してくれる。しかし、受診は強制ではないので受けない人もいる。

Q,路上での販売時のトラブルの対処は?
A,1、販売員自身で対処
 2、スタッフが対処
 3、大阪府警へ
お客さんなど周囲の人を巻き込まない。
大阪府警の許可を得て路上販売している。

Q,販売員になるには??
A、販売員かスタッフに申し込む。
現状では販売員になりたい人が減っている。始めても日でやめる人もいる。
原因としては
・路上生活者の中でも高齢化が起こっている
・一日中の立ち仕事、夏は暑く冬は寒い
・何時間立っていても売れないときがある
・体力的・精神的に辛いというウワサが広まっている

スタッフが大阪市内の公園で勧誘している。ビッグイシューを売ることによって、1つ目のステップとして住む所を手に入れる。2つ目のステップとして仕事を手に入れる。そのことにどれだけ夢を持ってもらえるかが大事。
実際にビッグイシューを始めてから路上生活をやめて、板前になった人もいる。


デンキの感想

参加者の方々から
「路上生活者の人への見方が変わった」、「働く姿勢、人への感謝に学んだ」、「販売員に会ったら声をかけてみる」というような感想を多くいただきました。中には「好きな仕事に出会えたHさんが羨ましい」、「自分は普段偏見の目で見られている側だが自分も路上生活者の人を偏見の目で見ていた」というひともいました。

印象的だったのが、ホームレスと呼ばれることをどう思うかという話のとき。Hさんはホームレスと呼ばれることは差別的な意味合いを含んでいるので
嫌だと話していた。ぼくも路上生活者と言うようにしていたけど、なんだかマイナスなイメージは払拭できない。すると参加者の一人が「道のおじさんというのはどうですか?」という。ぼくの感じ方だけど、、、すっっっごくいいと思った。Hさんも「道を聞かれるの好きだしいいですねぇ」といっていた。イベントの中で答えが思いがけなく出てきたことがすごいと思った。きっと一人で考えていたらこんな答えは出なかったことでしょう。
他にもこのイベントでは参加者が直接ゲストと話すことが見られた。
そういう雰囲気っていいと思うんです。これから大事にしていこうと思いました。
カテゴリ:- | 03:40 | comments(1) | -
参加者のお1人が
いつも、感じたことや、オススメのお店などをあったかい手書きで書いて、公園や、おみせに配り歩いているRyokoちゃんが、『知らナイト☆』に参加したことを書いてくれました♪

ゆいまーる通信

ゆいまーる通信
カテゴリ:- | 15:24 | comments(0) | -
vol.兇竜録:マユミ
こんなに細かく記録してくれていました!
同じスタッフも感服です。

++++++
5月20日(土) 参加者:30名ほど

----------------------------------------------------------
■Hさんのこと、ビッグイシューの販売について
----------------------------------------------------------

販売場所:梅田の歩道橋
ビックイシューの販売員になるためには、販売員の要件がある。

1冊200円で販売。うち110円は手元に入る。
販売を始めて、2年8ヶ月経つ。
平均30冊/月 悪くても10冊は販売できる。
Hさん自身が、ビックイシューの中身をおもしろいと感じている。
毎月400冊は販売している。
例えば、体調が悪いとかで休むと、心配してくれる
お客さんもいる。

現在は、昨年12月よりアパート暮らし。
家賃はいらないと支援者に言われたが、1日500円払っている。
8時半〜19時まで販売をする毎日。
「夏は暑いし、冬は寒い」仕事だ。

Hさん以外の販売員の中には、3〜4時間、缶を集めをしながら、
片手間で販売している人もいる。
※空き缶集め→50kg=5,000円
 路上生活者も寝ているようで、働いている。
 意欲や働き方が違う。
現在、販売員は全国で100人ぐらい。

歩道橋で販売していると、露店の友達がたくさんできた。
→似顔絵を描いてもらう。
☆人のつながりがいっぱいできた♪

---------------------------------------------------------
■Hさんが、路上生活者になったワケ→販売員になるまで
---------------------------------------------------------

10年間は、本好きということもあり、図書館で働いていた。
ところが家庭の事情により、路上生活を始めることとなる。
半年近く、炊き出し(1日3食)に頼る毎日を過ごす。

たまたま雑誌を見て、販売員の仕事をみつける。

なんと、バンプオブチキンのコンサートででも、販売をさせて
もらい、完売!!(東京・大阪にて)
中・高校生がよく買ってくれた。

☆バンプオブチキンもビックイシューに出てくれたり、
 意味のあることなので、ぜひ!とのことで…

---------------------------------------------------------
■ビッグイシューの販売員同士の横のつながりについて
---------------------------------------------------------

販売員には持ち場が決められているので、ケンカはない。
その持ち場でしっかり顔を覚えてもらわなければ!!
→まだまだ売れる可能性あり☆

「事務所で仕入れをしにくるときも、仲良くされてますよ。
 販売員のミーティングもありますし」
 →(ビッグイシュー事務局より)

接客で個性を出す!!必要あり。

販売員の中で、新人に対して、研修を行う。
半日〜1日ほど、一緒に販売。
2日目は、別の販売員についてもらって、販売。
1日目と2日目は、教える人を変えるようにしている。

Hさん自身は、ニートの人たちへの研修にも話しに行った
実績がある。

--------------------------------------------------------
■仕事に対しての気持ち
--------------------------------------------------------

・丁寧に!
・お客さんの気持ちを考える

人のつながりがありがたい。
「がんばって」の一言が励みになり、すごく嬉しい。
長時間経っていると腰痛になる。。
どの仕事でも辛いのだから、言い出せばキリがない。
一つ売れると、売れ出したりと、販売にも浪がある。

きっと他の販売員の人たちにも話しかけると喜ぶ、嬉しいと
思う。

いつもは、9時〜17時は必ず立つと決めている。
早く売れたら、帰る。
たまに立っていないと、お客さんに怒られるときもある。
それが、励みになり、嬉しい。

「働く」ことは「自立」すること。
楽しみながら、「働く」ことは喜びである。


-------------------------------------------------------
■販売員の成り手について
-------------------------------------------------------

販売員のなりてが減ってきている。
体力・精神力がいるので、我慢できない人は続けられない。
やってもしんどいだけ、思っている以上にきつい。
また、路上生活者も、高齢化が進んでいる。

-------------------------------------------------------
■ビッグイシューの収入源
-------------------------------------------------------

・ビッグイシューに掲載する広告収入
・街頭販売

☆赤字が続いている。

経営として、販売員からの意見も聴く場を設けている。
20〜30代の編集部が、その意見も踏まえて作成する。

ビッグイシューはそもそも、イギリスのビッグイシューが
始まり。翻訳しているものもある。

-------------------------------------------------------
■Q&A
-------------------------------------------------------
Q.やめたいとき?

A.就職決まったら、やめるかもしれない。
  でもできる限り、続けたい。

Q.就労支援に関しては?

A.ご自身で、ハローワークや職安に通っている。
  仕事に関しては、お客さんの紹介も多い。
  就職できた人は、全国で10名ほど。
  ビッグイシューをきっかけに働こうという気持ちが
  もう1度うまれてくる場合もある。
  「ホームレス」という呼び名はあまりすきではない。
  「道のおじさん」と呼ばれるときもある。
  ホームレスが生まれる社会はよくない。
  「働きたい!」生活保護ではない制度がほしい。
  高齢化により、65才以上の人も増えている。

Q.路上生活者が求めていることは?

A.最低レベルの生活

Q.公立図書館をやめた理由は?

A.司書の資格は持っていたが、嘱託職員だった。
  普通の職員とは扱いが違った。

Q.危険な目にあったことは?

A.ない。
  販売員の中で、女性は1名。夫婦で販売している。
  男性がほとんど

Q.若者へメッセージがあれば。

A.歩きながら、タバコを吸ったりしているのはやめた
  ほうがいい。
  遠慮、判断できない人が増えているが、それは若者
  だけではない。

Q.今の生活に満足していますか?

A.満足している。
  いろんな支援のおかげで生活ができている。

Q.余命1年だとしたら、Hさんは何をしたいですか?

A.社会に還元していきたい。一生懸命生きると思う。

Q.Hさんの目標は?

A.行列ができるほど、販売をしたい。

Q.日々の行動で、気をつけていることは?

A.身だしなみ。清潔。コトバづかい。

-------------------------------------------------------
■参加者の感想
-------------------------------------------------------

□Hさんのことをより知れた。
 ビッグイシューのこともよく知れた。

□雑誌のことも知らなかった。
 明日から、みんなに話してみます。

□ニート特集がおもしろかった。
 販売員のことがよくわかった。

□ホームレスは、人生辛く、悲壮感が漂っているかと思った。
 一生懸命働いていることがわかった。

□仕事に対して、やりがいを感じることの大切さ。

□接点がなかったが、今後は、販売員に声をかけてみよう。

□近づき方がわからなかった。訴えるものがあった。
 熱かった。こんな時間がほしい。

□生きること/楽しむこと/仕事/あったかい/一生懸命

□ホームレスに追いかけられたことがあり、怖かったが、
 Hさんでイメージが変わった。

□冷蔵庫や洗濯機があれば、生きていける。
 Hさんは、前向きで生きがいをもってはたらいていた。
 国は何もしてくれないので、自分たちのことは自分で
 しなくてはいけない。協力!

□ビッグイシュー販売のことがよくわかった。
 物を売る→買ってくれた人に感謝する。
 街角で見かけたら買ってみます。

□小さなことからコツコツと。自分の経営するサロンにも
 置かしてもらいます。

□毎号購入している。内容がつまっているように思う。

□失業中。収入うんぬんより、生きがいが大切。
 Hさんが輝いていた。

□知らナイト★はすごい!こんな機会があってよかった。

□就職をこれからしようとしている、大学生にも聞かしたい。
 仕事に対しての気持ち。若い人に足りないものが見えた。
 仕事→人のつながり。
 いろんな人に話してほしいと思った。

□道のおじさん。200円は安い!

□参加できてよかった

□名前しか知らなかった。
 Hさんは、「好き」という仕事に出会えてよかった。

□200円やからいっかではなく、中身を見せてもらって
 買いたい。見本を見せてほしい。
 Hさんの人柄がステキやった。

□買ったことはなかったが、LOHASやひきこもりの
 ことなど、いろんなことが書かれていて面白い。
 ビッグイシューがフェアトレードにもつながっている!
カテゴリ:レポート | 14:25 | comments(0) | -
vol.2のレポート:マユミ
報告遅くなってしまって、すんません。
無事、5月20日、知らナイト★vol.2が終了しました。

毎回、開催することに、この知らナイトの意味が、
明確になっていくよーな出会いがあり、
(明確じゃないんかいって!?(笑))
本当に、世の中ステキな人がいっぱいいて、
自分なりの表現方法で生きているのだなぁ〜と改めて
思い知らされます。

話題提供の方は、どうしても、私たちも知らないマイノリティ(少数派)
として生きていらっしゃるという前提のもと、お招きする
わけですが、カテゴリー分けをするとそういう分類に当てはまってしまう
わけで、このカテゴリーって、どんな意味があるんだろう??
といつも考えさせられます。
それは、話していただける方から発せられる言葉が、
私にも感じたことがあることであったり、またすごく“普通”と言われている
感覚の言葉が出てくるからです。
このカテゴリーがあるから、偏見がいろいろうまれるわけで…
まー、これは、あたしの課題としておきます。(笑)

また、話題提供の方だけでなく、参加者からも
たくさんの「なるほど〜」という考え方の出会いもあり、
本当にたくさん集っていただけるありがたさを感じます。

本当に、ありがとうございました♪

Hさんの仕事への思い、考え方はすごく共感するものがありました。
参加者の感想から出ていた、“大学生にも聴かせたい!”というのは、
本当にその通りだな!と思いました。

まだまだ、ビッグイシューというのが、一般には知られていないことも
わかりました。

私は、出た当初から、結構興味深々で…
身近な問題が書かれていたり、環境問題など、社会問題が
取り上げられているので、結構好きでした。
でも、まさか!!販売員から話しを聴けるなんて。
本当に貴重な時間でした。
販売員さんに、「がんばってください」と声をかけたいと思います。
Hさんから、元気もらったから、それのお返しです。

「Hさんに負けないように、輝かなくっちゃ!!」

と思った、マユミでした…
カテゴリ:レポート | 09:31 | comments(0) | -
第2回レポート ねーちゃん
当日、来てくださった皆々様!!
本当にありがとうございました!!!
私は、当日、友人の結婚式出席のため、
かなり遅刻をしてしまって、すみませんでした(>_<)

約1時間遅れで、ネバーランドに着いて、ビックリ!!!
溢れんばかりの多くの方が、ゲストのハマさんを囲んで
いい〜感じで、お話し交流会されてました。

私は、『ビッグ・イシュー』は、存在だけは知ってましたが、
実際に買ったことも読んだこともありませんでした。

1ヶ月ほど前に顔合わせという形で、ハマさんとお会いし、
読んどかないと!ってのと、通りがかったところで
『ビッグ・イシュー』の販売員さんを見かけて、
初めて買って読みました。

表紙は、ハリウッドスターやし、
芸能情報がほとんど?
みたいなイメージがあったのですが、
その号は、植物からプラスチックを作れることとか
竹の繊維が色んなものに応用できるとか、
今、もっともっとたくさんの人が知っとかないと
いけないのに、なかなか広まっていかない
LOHAS的な循環可能な生活、社会にするための
1つの方法が載っていました。

私が関心を持っているのもあるかもしれませんが、
保存版として、今後の生活の教科書のように
なるような、興味深い内容でした。

当日の出席者の皆さんのひとこと感想では、
『ビッグ・イシュー』が、まだまだ知られていないこと、
ハマさんのお話を通して、自分の今までの仕事への
接し方を改めて考えた方や、生活ってどういうこと?
生きてるってどういうこと?
ってくらい、それぞれの方が自分を振り返ってはったように
みえました・・。
皆さん前向きで、真剣に生きてはるんやなって
思いました。

あと、あの場の空気!!
なんとも言えない、あったかーーいものでした・・。

本当にありがとうございました!!

またアンケートなどは追って載せます。

次回も宜しくお願いいたします(*^^*)







カテゴリ:レポート | 20:11 | comments(0) | -
vol.兇離譽檗璽函Г茲Δ
当日は一番遠くに座ってて難聴の私にはあんまり聞こえなかったんだけど、参加してくれた人から聞くには

ゲストで来てくれたHさんはビッグイシューの内容が本当に好きなこと。
誇りを持って仕事をされていること。

そしてそれをあの場で話してくれることで、参加してくれた人自身が、自分の仕事に対する思いを考えてくれたり再確認してくれたようです。

あの場に居た方々の意識の高さや、自分だったら…と、人事ではなく、自分と重ねて考える所、そういう素直さや学ぶ意識がすごいなぁ。と本当に感動しました。

当日も話したのですが、暴露しちゃうと、私自身、企画に当たるまで正直買ったことがなかったのです(笑)ごめん。

存在は知っていたのに、買ってなかった。
行動範囲が繁華街ではないというのもひとつの理由ですが、ライブや、買い物で繁華街に出ることはたまにでもあるはず。
実際、梅田の歩道橋下にいはる販売員さんに差し入れを手渡す、温かい場面にも出会ってます。

企画段階で、姉に買ってきてもらって読んでみると面白い面白い。

ソトコトやリンカラン、風の旅人?あとなんだっけ?スロウライフ系?社会派の雑誌って分厚くて為になって写真も多いけど¥800以上はしますよね。

でも、ビッグイシューは内容は似ているのに¥200なんですよね〜。

ほんま一石二鳥☆

為になる情報誌が支援を必要とされている人の力になれる☆

フェアトレードと一緒ですね。

途上国の支援をしようと思って買うんではなく、気に入ったから買う。それが、きちんと生産者に還元できる。支援になる。

ビバ!一石二鳥☆



それから、自然に参加者から質問もたくさんでたし、よい雰囲気でできたように思います。
懇親会も以前から友達なのでは?というほど砕けた感じの方々ばかりで、その場から繋がる、広がる、人間関係にも期待できました。

とにかく、みなさんの意識の高さにはホントに感服でした☆

11歳から50代の方まで幅があり、女性のほうが多く感じました。
前回のゲストであったKくんと親御さんも参加してくださり、とてもバリアフリーでフレンドリーな空間だったのではないかと思います。

カテゴリ:レポート | 23:58 | comments(0) | -
知らナイト☆vol.興了
みなさん一生懸命聞いてます。

真剣☆ステキなお顔ばかり

何とか無事終了。

いつもドタバタと見苦しい場面を見せてばかり。

反省しながら次に向けて、よりよくしていきたいでござる。

きてくれたみなさん、ありがとう。

手伝ってくれた方、ありがとう。

盛り上げてくれた方、ありがとう。

「来てくれる人みんながあったかいね。」って言ってもらえました。

嬉しい。幸せ。


また、改めて詳しい報告させていただきます。

取り急ぎ、お礼まで。

ほんと ありがとう。
カテゴリ:- | 12:25 | comments(0) | -
vol. のタイムテーブル
このイベントに興味を持ってくれた青年さだくんが「唄わせて欲しい」と申し出てくれました★

是非に唄っていただきます(^^)♪お楽しみに★

6:00 open

…この間に様子を見ながらアピールタイムの予定。イベントする人、広めたいことがある人自己主張したい人…どうぞアピールしてください。(※実行委員会の判断で不適切と思われるものはお断りします。)

6:30 start

     \並悗─頂2鵑話太呼順に並んでいただきます♪
     ▲好織奪娑Щ◆参加者全員の自己紹介
     ゲストメイントーク
7:40頃  さ抃董淵肇ぅ譟Ε織丱魁

■質問カードを配るので休憩中にゲストに質問したいことを書いてください。匿名でOKです。

     Q&Aタイム
     参加者全員一言感想。

8:30 交流会終了

■お急ぎの方はココでお開き。時間の許す方は懇親会にそのまま参加してください。

    歌聞かせてもらいましょう〜♪
         &
 しょうがいのある方も働く『のあのあ』に作ってもらったオードブルとお酒を飲み食いしながらその場に居る人と楽しみましょう☆

   
 
カテゴリ:- | 01:12 | comments(0) | -
<< | 2/4PAGES | >>